• 散骨や樹木葬などの自然葬の大きなメリット

    自然葬は、1、990年代から日本でも火葬後に散骨や樹木葬の形で行われています。
    散骨は、火葬後の遺骨を粉骨し故人の遺志に従って散布されますが、国内の河川や本土での散骨は地方自治体や土地所有者の許可を受ける必要があるので、規制の少ない海洋での散骨が数多く行われています。

    その為、大都市圏では沖縄の海への散骨を希望する高齢者が多く、中には海外の海や海外の有名な世界遺産などでの散骨を規模する高齢者が多くなっています。


    又、小型カプセルに詰めた遺骨をバルーンや小型ロケットで宇宙に散布する宇宙葬や小型ロケットで月に遺骨を散布する散骨を行っている業者もあり、多種多様な散骨を企画する事で他社との差別化を図っています。

    鋭い観点から墓じまい情報は初心者にも分かりやすいです。

    同じ自然葬でも樹木葬は、韓国ドラマなどで認知度が非常に高くなっていますが、樹木葬に対する理解度は認知度ほど高くないので供給される樹木葬専用用地を需要が大きく上回っている実情があり、シンボルツリーを中心にとした樹木葬霊園や集合埋葬が人気となっています。

    47NEWS選びをサポートするサイトです。

    個別で植樹を行うタイプの樹木葬は、用地を取得する為に一般的な墓地とほぼ同等の費用が必要ですが、高額な墓石を建立する必要が無いので数分の1の初期費用で抑えることが出来ます。



    自然葬は、一般的な墓地の様に年間管理料や入檀料などを必要としない墓地や霊園が多いので、初期費用だけで無く葬送後の費用も大きく抑える事が出来、次世代の負担を大きく軽減する事が出来ます。