• 自然葬は人間らしい行いか

    世界の歴史の中で、葬法には風葬、鳥葬、水葬、火葬、土葬、樹木葬などの自然に回帰する葬り方がありました。
    現在日本で使われている自然葬の言葉は、近年になって使われるようになった用語です。

    散骨も狭い意味の自然葬ですが、現在使われている自然葬は遺骨を土に埋めるか、あるいは灰にして山や海に播き、故人の亡骸が自然の元に帰る事を意味しています。

    マイナビニュース情報を多数ご用意したサイトです。

    人間は自然の大きな循環の中に生まれて、そして亡くなっているという考え方によるもので、墓石に遺骨を納める葬法とは異なり、墓標として人工物を使いません。最近の日本では、自然葬を望む傾向が強くなっていますが、自然に戻りたいと言う思いが増えている事と共に、核家族化や少子化で家系を重視する墓の管理が出来なくなっている現状も原因になっています。



    市民運動団体「葬送の自由をすすめる会」の結成趣旨の中で初めて使われ、大きな社会的な反響がありました。


    浄土真宗開祖・親鸞も「それがし閉眼せば、加茂川に入れて魚にあたうべし」と言い残した例からも、遺灰を山や川にまいていた日本人の精神性が見られます。


    また、葬式が葬式仏教となって形式化したり、高額の葬儀費用が掛かる事への批判もあるでしょう。

    お金がなければ死ぬ事も能わずと言う現状に嫌気がさしている人が多いのも事実です。


    自然回帰は人間らしい行為と考える人が多くなっています。



    自然破壊をするのも人間ですが、自然を大切に守るのも人間の努めでしょう。