• 自然葬とはすなわち樹木葬

    大まかに分類してしまうと、遺灰を自然に撒く散骨やその散骨を海上で行なう海洋散骨葬も「自然葬」に含まれます。



    しかし現在の定義では「自然葬」と「散骨」は異なる葬儀とされており、基本的に「自然葬」はすなわち「樹木葬」を意味しているのが現状です。


    ただし最近では散骨できる樹木葬も増えており、樹木葬の形式も多様化しています。
    名称通りに樹木を墓石に見立てた樹木葬は自然葬という大きな括りで見たら、少し高額な弔い方といえます。

    改葬について説明致します。

    海洋散骨葬であれば平均で15万円から40万円ですが、樹木葬の価格は平均10万円から50万円となります。


    葬儀にかかるコストはどちらも大した差はありませんが、散骨が済んだら全て完了する海洋散骨葬はともかく、樹木葬は維持費や墓地の管理費などを払わなくてはならない場合があるので散骨よりも少々費用がかかるのです。
    もちろん樹木葬が許された墓地である樹林墓地の全てで管理費や維持費といった経済的な負担がかかるわけではありません。


    むしろ一般的な墓石と墓地にかかる費用と比較したら樹木葬のほうが手頃といえます。


    樹木葬を選ぶ方の理由は様々ですが、一言でまとめてしまうと「散骨にはない特徴に惹かれている」からです。
    散骨を用いた葬儀はリーズナブルなところがメリットですが、手を合わせる場所がない事と遺骨を埋葬されない事に抵抗を感じる方は少なからずいます。
    逆に言えば、埋葬形式で墓石の代わりもある樹木葬はそういった方に好まれやすいです。

    2ちゃんねるの情報がいっぱい詰まったサイトです。