• 近年注目を集めている自然葬

    自然葬とは一般的な埋葬方法とされている墓石に入るのではなく、山や海などの大自然の中に遺骨や遺灰を戻す埋葬方法です。



    自然葬が近年注目を集めている理由としては故人が自分が亡くなったあと、墓石ではなく自然に帰りたいという思いはもちろん、墓石が増えることによる環境問題の配慮から海外では一般的な埋葬方法となっています。

    エキサイトニュース情報を多数比較しておりますので、一参考としていただければ幸いです。

    また、少子化や核家族化が進むことでお墓の管理をしてくれる身内がいないことや、墓石の値段が高額で購入が難しくなってきていることもあります。


    自然葬の種類は樹林葬と海洋葬の2種類に分かれそれぞれ埋葬ルールがあります。樹林葬とは、墓石でなく樹木を墓石の代わりにするもので通常のお墓と同じように埋火葬許可証が必要となります。


    埋葬場所も、自宅など好きな場所ではなく墓地として許可を受けている場所になります。

    海洋葬とは、禁止されていない海域で散骨する埋葬方法です。
    海岸など人目の付く場所でなく、陸から一定の距離を保った場所で節度あるルールで行うことが大切です。


    散骨する際もボートなどのレンタルや遺骨の大きさの制限や他にも色々と決められたルールがあります。



    それらをふまえて個人のみで自然葬を行うことは難しいので、専門の葬儀会社を利用するのがいいでしょう。
    自然葬は一般的な葬儀と比べると、価格が低いのが魅力です。

    細かいとりきめがあるため、専門に請け負っている会社を利用することでスムーズに埋葬を行うことができるでしょう。