• 本来の葬儀に立ち戻る自然葬

    • 自然葬こそ、葬祭における本来のかたちといえます。


      人間は自然の恵みに支えられて生きています。

      その恩を感じ、畏敬し、そして死後は自然に還るというのが、そもそものあり方だったのです。


      しかしながら、現在では、決められた場所にしか埋葬することはできません。それだけに、無味乾燥な墓園に葬られることを嫌がる人も多く、新たな方法が模索されてきたのです。自然葬であれば、決められた区画を守り、それでいて、より豊かな環境の中で眠りにつくことができます。
      墓園という形式は変わらないのですが、埋葬されたことを示すのは、墓石ではなく、草木や花などの植物です。


      それらが並ぶ様は、まるで花壇や植物園のようで、見る人の心を和ませてくれます。

      また、植物は生長していくものですから、来るたびに違った顔を見せてくれます。
      これならば、足が遠のきがちな墓参りにも、楽しみが増えるのです。



      また、自然葬は墓石がいらないために価格が抑えられ、なおかつ省スペースなのもメリットの1つです。
      埋葬時には、遺骨が金属製の筒に入れられるため、虫や獣に掘り返される心配もいりません。

      その他の葬儀手順は、一般のものと変更する必要がないので、手軽に採用することができます。

      minp!情報サイトを使用する機会が増えています。

      故人が生前、自然に還ることを望んでいたのであれば、これほど最善の方途はありません。

      海や野山への散骨は、法に触れる可能性があるだけに、慎重を期すべきです。



      自然葬を改めて見直し、死後の安らぎを考えていきましょう。

  • サポート情報

    • 散骨や樹木葬などの自然葬の大きなメリット

      自然葬は、1、990年代から日本でも火葬後に散骨や樹木葬の形で行われています。散骨は、火葬後の遺骨を粉骨し故人の遺志に従って散布されますが、国内の河川や本土での散骨は地方自治体や土地所有者の許可を受ける必要があるので、規制の少ない海洋での散骨が数多く行われています。...

  • 皆が知りたい情報

    • 自然葬とはすなわち樹木葬

      大まかに分類してしまうと、遺灰を自然に撒く散骨やその散骨を海上で行なう海洋散骨葬も「自然葬」に含まれます。しかし現在の定義では「自然葬」と「散骨」は異なる葬儀とされており、基本的に「自然葬」はすなわち「樹木葬」を意味しているのが現状です。...

  • 最新考察・情報分析

    • 近年注目を集めている自然葬

      自然葬とは一般的な埋葬方法とされている墓石に入るのではなく、山や海などの大自然の中に遺骨や遺灰を戻す埋葬方法です。自然葬が近年注目を集めている理由としては故人が自分が亡くなったあと、墓石ではなく自然に帰りたいという思いはもちろん、墓石が増えることによる環境問題の配慮から海外では一般的な埋葬方法となっています。...

    • 自然葬は人間らしい行いか

      世界の歴史の中で、葬法には風葬、鳥葬、水葬、火葬、土葬、樹木葬などの自然に回帰する葬り方がありました。現在日本で使われている自然葬の言葉は、近年になって使われるようになった用語です。...