営業車ラッピングで動く広告塔を作る

営業車ラッピングで動く広告塔を作る

main-img

ひと昔前までは、車体に文字や絵を描くのは、塗装という手法が一般的でした。しかし近年では技術革新が進み、専用のフィルムにプリントした文字や画像を貼り付ける方法が主流となっています。

近頃、このような方法で広告を車体に掲げている車両を「ラッピング車両」と呼ぶのは、印刷を施したフィルムで車体を包み込むことに由来しています。塗装とは違い、短期間で貼ったり剥がしたりが可能なこの形態は、今後ますます主流になってゆくことでしょう。

営業車のラッピングに関する情報満載のサイトです。

これまでは、ラッピングというと、公共機関が運営するバスや電車、飛行機などに始まり、大手企業のトレーラーに施すものというイメージがありました。



ところが現在は、価格のリーズナブル化や手軽さ、施工に応じる会社の増加を受け、自社の営業車にこれを施す企業が増加しています。

通常、広告は高額な掲載料や設置料を支払って紙面や看板に掲載するものでしたが、営業車にラッピングを施すことで簡単に「動く広告塔」を作ることができるようになり、費用対効果の高さも期待されています。営業車なら、いずれにしても社の敷地で寝かせておくということはまずありえません。


必ずほぼ毎日街中を走り回るものですから、これを宣伝媒体として生かさない手はないでしょう。


技術革新が目覚ましい現代では、昔のように左右の文字のずれや画像のゆがみを心配する必要もほとんどなくなりました。


大手企業や大型イベントのトレーラーなどでは、並んで走ったときに一枚の広告に見えるようなダイナミックな利用方法を編み出している例もあります。



使い方によって多くの集客を見込めるラッピングで、自社の新しい境地を開拓してください。


ラッピングカーの予備知識

subpage1

営業車にラッピングをする場合、最も問われるのが耐久性です。ラッピングされた営業車で営業をして回ることから、ボロボロの状態では広告の意味を成しません。...

more

ラッピングカーの常識

subpage2

ラッピングは自動車の外観を簡単に変えることができる方法として非常に注目されています。鮮明に様々なデザインを表示することができることからバスやその他の車両に広告を掲載する有効な方法として広く利用されたことがきっかけで、その技術が一般にも広まり広告を掲載するだけではなく自動車時代のデザインを変更する方法の1つとして利用されることも多くなっています。...

more

ラッピングカーの基礎知識

subpage3

塗装にはない手軽さで営業車両もラッピングで簡単にイメージチェンジができます。トラックやバスなどの大型で見かける企業広告が最近になってかなり増えてきています。...

more

ラッピングカーをよく学ぶ

subpage4

営業車両をラッピングすれば、動く広告塔の役割を果たしてくれます。移動している時間を無駄なく広告に利用できるのが最大の利点となるのです。...

more